派遣看護師のメリットやデメリット

看護師派遣のメリット

単純に看護師のアルバイトのようなイメージを持つ人が多いようですが、そうではなく、もっといいことが沢山あります!

 

看護師が派遣で働くメリット

  • 派遣会社が間に入ることで派遣先が選択しやすい
  • 条件面の交渉を代行してくれる
  • アルバイトと比較して時給が高い
  • 契約内容を派遣会社が保障してくれる

 

派遣会社にはいろいろな企業や病院から依頼があります。看護師の方はその依頼先の条件をみて、自分の条件と合う企業または病院を選ぶのです。自分でいちから求人先を探すという苦労もありません。
しかし、派遣だと福利厚生が不安だという人は、3ヶ月以上の長期の派遣だと雇用保険も社会保険にも加入できるので安心です。

 

病院で看護師として働くのはやはり重労働です。昼間だけとはいえ、働いている以上は普通の看護師と同じ業務をこなすわけですから。

 

そんな中、派遣看護師のなかで人気が高いのが、企業内の医務室や救護室に勤務する企業看護師(産業看護師)です。

企業看護師のメリット

  • 土日祝日が休みであることが多い
  • 残業がない
  • もちろん夜勤もない

 

これは願ってもない勤務形態ですね。また、勤務先の看護師の数が病院に比べて少ないので、人間関係のトラブルが少ないのも人気の1つになっています。こうゆう案件は非公開にしか出てきません、しかも担当者から声かけてしまうので、募集がでたら、すぐに決まる傾向が高いですから、登録はお早目にしておきましょう。

 

大手リクルート運営の看護師専門転職サイト

看護師求人高収入

 

看護のお仕事は、残業なし、昼だけ勤務など時短勤務系が多い

看護のお仕事